独立開業

これからの働き方は、雇用ありきではなく請負の様なスタイルに移行するかもしれませんので、今までの経験や人脈があるのであれば独立開業。ただし、そんなに甘いものではありませんから開業後の生活資金のストックやライフスタイルの再構築をイメージして検討しては如何ですか?まずは個人事業開業届から資金計画、確定申告。初めての事がありますが、そこは専門家を使いアウトソーシングで本業事業に集中して下さい。独立開業をご検討でしたら一度ご相談下さいね。

PAGE TOP