4. 損金対策

これも既にご存知かと思いますが、代表的なものとして小規模企業共済、倒産防止共済、生命保険活用などです。その他にも設備投資や経費年払など一般的な対策例です。注意点として順調に利益確保している時は良いのですが、単年度で急に資金が必要になっても現金化できない制度。勿論、元本割れを承諾すれば現金化は可能ですが損です。現在の事業運営に伴う損金対策等について専門家顧問の提案が受けられないとお悩みでしたら、是非一度お話を聞かせて下さい。可能、不可能はありますが基本選択をまだ実施していない時には検討の価値があると思います。税理士等の専門家包括支援をサポート致します。

PAGE TOP